レンタルサーバー 比較らくらく

レンタルサーバー 比較らくらく

レンタルサーバー 比較らくらく

複数の場所で効率的に情報を活用する為に通信回線を通じて繋ぎ合わせる役目を司っている電子通信機器をサーバーと言います。

 

サーバーの運用管理は自力で行うことも十分に可能ですが、その為には、コンピューターやネットワークに関する知識や技術を身に付けておく必要があります。

 

しかし、実際に知識や技術を身に付ける為にはそれなりの時間を要しますので、その手間を省きたい時には、既に基本的な動作環境が備わっているレンタルサーバーを利用します。

 

本来であれば、各企業が自己責任で自社サーバーを構築し、情報漏洩や不正アクセスを防ぐ対策を施さなければなりませんが、コスト面や事業継続性の観点から、自社サーバーの運用管理には相当のリスクが伴います。

 

そこで、そのリスク回避のサービスとして提供されているのがレンタルサーバーです。

 

基本的にレンタルサーバーはデータセンターと呼ばれる専用施設に設置されていて、ソフトウェア環境は常に最適な状態を維持し、ハードウェア環境は通信面やセキュリティ面でサービス低下を招かないような管理下に置かれています。

 

また、データセンターは大規模事故や自然災害等によるトラブルに見舞われても必要最小限のライフラインを維持できる場所に設置されていますので、安心してサービスを利用できます。

 

 

自前でサーバーを設置しないで外部サーバーを利用する以上、あらゆる面で好条件が備わっていることが高い満足度に繋がります。

 

その為、何を基準にしてレンタルサーバーを選ぶのかを明確に決めることが必要です。特に、何処に設置されているのかを知ることは非常に重要です。

 

レンタルサーバーは世界中に設置されていて、日本から提供されているサービスであっても実際には海外のサーバーに繋がっているということは少なくありません。

 

国内のサーバーと海外のサーバーを比較すると、サーバーそのものの動作環境やスペックには大差はありませんが、通信面での安全性や安定性においては国内のサーバーに分がありますし、

 

セキュリティ面においても、取り扱っている情報の中身次第では、リスク回避の観点から国内のサーバーに分があります。

 

また、比較的低料金で提供されているレンタルサーバーは、海外のサーバーを利用している場合がありますので、費用面を最優先に考慮している場合には、

 

サーバーの設置場所に対する拘りを捨てなければなりません。

 

その他には、お試し期間が設けられている場合、実際に提供サービスを体感できますので、比較検討を行う際には非常に大事な要素になると言えます。

 

 

レンタルサーバーの利用者層は非常に幅広く、利用目的も多種多様化しています。

 

また、個人での利用も増えて来ていることから、利用料金も個人向けと法人向けでコース分けされて提供されるケースが多くなりました。

 

基本的に、レンタルサーバーを利用する際、月々に利用料金を支払いますが、一番最初に利用する際には別途初期費用が発生します。

 

初期費用に関しては、一部のコースの中には無料で提供されているところもありますが、個人向けの場合、1000円程度から3000円程度までの間が大半を占め、

 

個人の熟練者向けや法人向けの場合、5000円程度から数万円程度まで幅が広がります。

 

尚、申し込み時、キャンペーン等で初期費用を安く抑えられる可能性がありますので、各業者のウェブサイト上に掲載されている情報を常にチェックしておくと恩恵に授かるかも知れません。

 

月額費用に関しては、個人の初心者向けの場合、100円程度から提供されているところもありますが、個人向けは500円程度から、法人向けは1000円程度から提供されています。

 

更に、一年分をまとめて支払うようにすると月額で支払うよりも割安で済ませられますので、年単位での利用を前提としている場合には年払いをお勧めします。

 

現状では、数ある料金コースの中で個人向けの月額500円程度で提供されているコースが最も高いコストパフォーマンスを誇っています。

 

 

基本的にはインターネットを通じて申し込む方法が主流となっています。

 

また、サービス内容に関しては、各業者が運営するウェブサイト上で詳しく紹介されていて、その中に申し込み方法に関する情報が記載されていますので、その内容に従って手続きを進めるようにします。

 

尚、申し込み専用の入力フォームが用意されていますので、入力に手間取ることは一切ありません。

 

但し、名前や住所等の個人情報を入力する欄が幾つかありますので、誤った情報を入力すると手続き上でトラブルが発生しますので、入力ミスには十分注意しなければなりません。

 

更に、メールを通じて認証確認を行ったり、ユーザー名、パスワード、サーバー名等を決めたりしますので、間を置かずにてきぱきと手続きを進められるように準備しておくことが必要です。

 

ここで気を付けなければならないのは、試用期間が設けられている場合、試用期間の後も利用し続ける分には問題ありませんが、

 

試用期間内で利用を止めたい時には、試用期間内に利用停止手続きを行わなければならないということです。

 

そうしないと利用料金の支払いが発生しますので注意が必要です。